ドイツ銀CEOの決断、16年賞与に寄与か-民事制裁金減額を勝ち取る

  • クライアンCEOは長期の法廷闘争回避、和解で賞与の原資確保
  • 合意では司法省が当初求めていた支払額から大幅に減額された

ドイツ銀行の行員が受け取る2016年の現金賞与は、ジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)が米当局との土壇場の交渉で引き出した民事制裁金減額の恩恵を受ける見込みだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。