債券下落、オペ通知なしや2年入札控え売り優勢-日銀金利抑制が支え

更新日時
  • 長期金利は0.06%に上昇、超長期ゾーンも安い
  • ショートで年を越したいという感覚が持てない-パインブリッジ

債券相場は下落。日本銀行がこの日の金融調節で長期国債の買い入れオペを通知しなかったことや、2年利付国債の入札を翌日に控えて売りが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。