安倍政権:発足4年、アベノミクスより外交焦点に-17年の課題

更新日時
  • トランプ次期米大統領との信頼関係構築が焦点に
  • 遠のく衆院解散、「全く頭にない」と安倍首相

安倍晋三首相は26日で2012年12月の第2次政権発足から4周年を迎えた。経済最優先を掲げてきたが、日本を取り巻く国際情勢は来年1月20日に米大統領に就任するトランプ氏への対応、日ロ関係、東シナ海をめぐる中国との緊張、北朝鮮の核開発など課題が山積。17年は外交の年になるとの指摘が専門家から出ている。
 
  26、27の両日、米ハワイに滞在し、オバマ大統領との首脳会談を行うほか、太平洋戦争の開戦地、真珠湾を訪問する。政権発足からの4年間を総括する機会になるが、年が明ければトランプ新政権と正面から向き合うことになる。首相は11月17日に世界の首脳に先駆けて同氏とニューヨークで会談しているが、大統領就任後のトランプ氏との早期の日米首脳会談も模索している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。