東シナ海中部で中国海軍クズネツォフ級空母 1隻を24日午後4時ごろ、海上自衛隊の艦艇が確認した。空母の認識は 初めて。

統合幕僚監部の25日発表によると、海上自衛隊第12護衛隊所属「と ね」はほかに、ルーヤンⅡ級ミサイル駆逐艦2隻、ルーヤンⅢ級ミサイル 駆逐艦1隻、ジャンカイⅡ級フリゲート2隻、ジャンダオ級小型フリゲ ート1隻、フチ級補給艦1隻の計8隻を確認した。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE