イスラエルの入植停止求める国連決議、米が拒否権行使せず

  • 米国は中東で最も関係が深い同盟国を見捨てた-イスラエル
  • 来年1月20日から国連をめぐる状況は変わっていく-トランプ氏

国連安全保障理事会は23日、イスラエルが進めるヨルダン川西岸などでの入植を停止するよう求める決議案の採決を行い、オバマ米政権は拒否権を行使せずに棄権した。イスラエル政府は中東で最も関係が深い同盟国を米国が見捨てたと批判している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。