国連安全保障理事会は23日、イスラエルが進めるヨルダン川西岸などでの入植を停止するよう求める決議案の採決を行い、オバマ米政権は拒否権を行使せずに棄権した。イスラエル政府は中東で最も関係が深い同盟国を米国が見捨てたと批判している。

  今回採択された決議案はイスラエルの入植が国際法に違反しているとして、イスラエルが1967年の中東戦争で得たヨルダン川西岸などでの入植活動を停止するよう求めた。米国のパワー国連大使は採決後、「入植問題は著しく悪化してきた」と説明。この一件でイスラエルに対する米国の確固としたコミットメントが損なわれることはないとの認識を示した。

  ライアン米下院議長は米国が拒否権を行使せずに棄権に回ったことに関し、「恥ずべきことだ」とのコメントを発表した。ライアン氏とトランプ次期米大統領、米民主党のシューマー次期上院院内総務はいずれもオバマ政権に決議案への拒否権行使を求めていた。

  トランプ氏は採決後にツイッターで、「来年1月20日から国連をめぐる状況は変わっていく」と述べた。

原題:U.S. Abstains From UN Vote Criticizing Israeli Settlements (2)After UN Vote, Trump Says ‘Things Will Be Different’ in January(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE