NY金(23日):反発、週間ベースでは過去12年で最長の連続安

23日のニューヨーク金先物相場は反発。週間ベースでは過去12年で最長の7週連続下落となった。堅調な経済成長で利上げの論拠が強まるとの見方から、金連動型ファンドからの資金引き揚げが進んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。