NY原油(23日):17カ月ぶり高値-OPEC合意好感もリビア増産警戒

23日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が小幅続伸し、1年5カ月ぶり高値で引けた。市場では石油輸出国機構(OPEC)の減産合意が好感されている一方、リビア最大の石油積み出し港から約2年ぶりに原油輸出が再開されたほか、米国の在庫がこの季節としては約30年ぶりの高水準にあることが警戒されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。