12月の米消費者マインド指数(確定値)は2004年以来の高水準に上昇した。ドナルド・トランプ氏の大統領選勝利を受けた家計や米経済への楽観が続いた。

  ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は98.2と、前月の93.8から上昇した。速報値は98。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値も98だった。

  ミシガン大の消費者調査ディレクター、リチャード・カーティン氏は発表文で、「このような好ましい期待は実際に政策が変更される前に成長活性化を後押しする可能性がある一方、トランプ大統領のパフォーマンスを評価する基準を引き上げる」と指摘。カーティン氏は電話会議で、大統領選挙後のセンチメント上昇は頭打ちになっており、今後数カ月に低下する可能性が高いと述べた。

  現況指数は111.9と、前月の107.3から上昇し、2005年以来の高水準。速報値は112.1だった。向こう6カ月の先行き景況感を示す期待指数は89.5と、2015年1月以来の高い水準。速報値は88.9、前月は85.2だった。

  1年先のインフレ期待値は2.2%と、2010年9月以来の低水準。速報値は2.3%、前月は2.4%だった。5-10年先のインフレ期待値は2.3%で、前月の2.6%から低下し、統計開始以来の最低水準となった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Consumer Sentiment in U.S. Jumps to 12-Year High on Trump Win(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE