仮想通貨ビットコインは23日、ドルに対し上昇し、週間ベースでは6月以来の大幅高になる勢い。地政学リスクで代替資産需要が高まったことが背景にある。

  ブルームバーグがまとめたデータによれば、ビットコインは香港時間午後2時38分(日本時間同3時38分)現在、対ドルで前週末比15%高の1ビットコイン=900.40ドルとなり、2014年1月以来の高値。当時は過去最高となる1137ドルを付けたが、その後ビットコイン取引所のマウント・ゴックスが破産し、中国が規制強化に動いたことで急落していた。

  ビットコインの年初来上げ幅は107%に達し、全ての主要な通貨や株価指数、商品を上回っている。今週はロシアの駐トルコ大使殺害や死者12人を出したベルリンでのトラック突入テロの発生を受け、代替資産を求める需要が高まった。また、ドナルド・トランプ氏が米大統領選を制したことで米金融引き締めペースが加速するとの見通しから中国人民元に下押し圧力がかかっていることも、ビットコインに対する需要を中国で高めている。

  ゲートコイン(香港)のマーケティング責任者、トーマス・グラックスマン氏は、「米当局の利上げ発表で恐らく中国をはじめ多くの新興市場の投資家が動揺し、兌換(だかん)性のない弱い通貨建て資産からビットコインに避難している」とし、「ビットコインは強い上値抵抗線だった800ドルを突破し、心理的な節目である1000ドルに接近している。何でも起こり得る様相だ」と語った。

原題:Bitcoin Surges Above $900 on Geopolitical Risks, Fed Tightening(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE