クレディ・スイス・グループは住宅ローン担保証券事業をめぐる米司法省の調査について、52億8000万ドル(約6200億円)を支払うことで決着したことを明らかにした。

  クレディ・スイスの23日の発表によると、同行は民事制裁金24億8000万ドルに加え、住宅価格急落で損失を被った住宅所有者とコミュニティー救済で28億ドルを支払うことで米当局と合意した。同行は既存の準備金への追加分として、約20億ドルの税引き前費用を10-12月(第4四半期)に計上する。

  この日、同行の発表に先立ち、ドイツ銀行も米司法省の調査決着で合意していた。また同省は英バークレイズが調査を決着させるための交渉で政府が求めた額の支払いに合意しなかったことから、連邦地裁に提訴した。大手行は通常、長期にわたる訴訟のリスクを冒すよりも政府に同意するため、22日に公表されたバークレイズの提訴はまれなケースとなっている。

原題:Credit Suisse Agrees to Pay $5.3 Billion in U.S. Mortgage Accord(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE