米司法省は住宅ローン担保証券販売をめぐり英銀バークレイズを連邦地裁に提訴した。同行は調査を決着させるための交渉で、政府が求めた額の支払いに同意しなかった。

  大手行は通常、長期にわたる訴訟のリスクを冒すよりも政府との和解を目指すことから、22日に公表されたバークレイズの提訴はまれなケースだ。訴訟はブルックリンの連邦地裁に提起された。

  バークレイズのほかにも、ドイツ銀行やHSBCホールディングス、クレディ・スイス・グループ、UBS、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)などの欧州銀が、金融危機前の住宅ローン担保証券販売をめぐり米当局の調査を受けており、今後決着させる必要がある。

  提訴を受け、バークレイズは発表資料で、「訴状の主張は事実とかけ離れていると当行は考える」とした上で、「不合理な主張や要求から自らを守るという、株主や顧客、クライアント、従業員への義務をわれわれは負っている」と述べた。

原題:Barclays to Face Off Against U.S. Over ‘Craptacular’ Loans (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE