NY外為(22日):ドルはほぼ変わらず、経済指標受けてもみ合う

更新日時

22日のニューヨーク外国為替市場ではドルがほぼ変わらず。経済指標が強弱まちまちだったことから、祝日を前に持ち高をさらに減らす動きとなり、午後の早い段階には取引レンジの半ばで落ち着いた。10年債利回りがこの日の高水準から低下し、ドルは下落する場面もあった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。