7-9月(第3四半期)の米実質国内総生 産(GDP)確定値は改定値から上方修正された。サービス支出や知的 財産、州および地方政府による建設など幅広い分野の寄与が拡大した。

米商務省の22日発表によると、第3四半期のGDP確定値は前期比 年率3.5%増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値 は3.3%増だった。改定値は3.2%増。

GDPの上方修正は、企業の研究・開発(R&D)投資や非営利団 体による支出、金融サービスの利用などを反映した。

経済の約7割を占める個人消費は3%増と、改定値の2.8%増から 上方修正された。

純輸出や在庫の寄与度は改定値からほぼ変わらず。変動の大きい両 項目を除く国内最終需要は2.1%増。改定値は1.7%増だった。

企業の設備投資では機器への投資が4.5%減(改定値4.8%減) と、0.3ポイントのマイナス寄与となった。前期は2.9%減だった。

統計の詳細はをご覧ください。

原題:U.S. Economic Growth Revised Up to 3.5% Pace in Third Quarter(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE