フランスの極右政党、国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首は、2017年の同国大統領選および議会選に必要な2000万ユーロ(約24億5000万円)の資金集めに手こずっている。FNが資金源としていたロシアの金融機関を失ったことが大きいと、同党の財務担当が明らかにした。

  この財務担当者ワルラン・サンジュスト氏によると、FNがモスクワに拠点を置く金融機関ファースト・チェコ・ロシアン銀行(FCRB)が7月にロシア当局から銀行免許を無効とされて以降、同党は他の資金源を見つけられていない。フランス国内の銀行はFNへの資金提供を拒んでいるため、ロシアを含む諸外国の国際的な銀行家を探している。

  サンジュスト氏は「FCRBを失ったことはわれわれにとって痛手だった」とし、「ロシアからの借入金は安定した資金源だった。われわれは現時点で引き続き資金を探し求めている」と認めた。

  米大統領選でドナルド・トランプ氏を勝利させようとロシアのプーチン大統領がハッカーに指示していたと米中央情報局(CIA)が結論づけたことを受け、ルペン氏とロシアとの関係にここ数週間、厳しい視線が向けられている。ルペン氏は来年のフランス大統領選候補者のうち支持率2位につけており、ロシアのシリア軍事介入やクリミア併合を公に支持している。

原題:Le Pen Struggling to Fund French Race as Russian Bank Fails (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE