中国一の高層ビル「上海タワー」は、全面開業が1年半遅れた原因となっていた防火対策に関連する安全性の問題が解決したと発表した。

  上海中心大厦建設発展は20日付の資料で、ホテルが入居する2つの高層エリアを除き632メートルの建物全てで消防検査が完了したと説明。ただ、上海陸家嘴金融区にそびえ立つ上海タワーの全面開業日がいつになるかについては触れていない。

原題:China’s Tallest Building Resolves Issues That Delayed Opening(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE