【債券週間展望】長期金利は低下か、日銀の金利抑制姿勢で買い圧力

  • 日銀の緩和姿勢続く中、来年度の発行減額も好感されよう-岡三証
  • 月末のデュレーション調整が相場下支え-三菱UFJ信託

来週の債券市場では、長期金利に低下圧力が掛かりやすい展開が予想されている。日本銀行による金利上昇に対する抑制姿勢があらためて確認されたことに加え、月末に向けた年限長期化の買い需要など需給環境が良好なことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。