中国はエタノール生産から火星探査まで、ほぼあらゆる分野に目標を設定している。

  国家発展改革委員会(発改委)は観光を振興しており、スカイダイビングや水上スキー、登山の目標まで公表。当局は旧来型産業がけん引してきた経済の構造転換を支えるため、一段の消費支出を促している。

  発改委は2020年に観光支出を7兆元(約118兆円)にし、同年までに観光業界の投資の伸びを年平均20%にする目標を今月示した。アウトドア活動については20年までに9000億元産業にすることを狙う。

  発改委の当局者が北京でのブリーフィングで最近説明したところによれば、当局は20年に向けてより具体的な年間目標を設定している。空のレジャースポーツで2000億元、水上・水中スポーツで3000億元、ハイキングや登山、マウンテンバイクなどの山に関する娯楽で4000億元だという。

  今年1-9月の中国経済成長のうち消費の寄与は71%。中国は成長のけん引役として消費への依存をますます強めている。
  
原題:China to Boost Economy by Getting People to Jump Out of Planes(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE