アルファベット傘下のグーグルは、149億ユーロ(約1兆8300億円)をバミューダにあるペーパーカンパニーに移すことで、2015年の全世界の税負担を36億ドル(約4230億円)減らした。オランダの規制当局への届け出で明らかになった。

  同社がオランダ商工会議所に12日に提出した書類によると、オランダ子会社グーグル・ネザーランズ・ホールディングスを経由してバミューダに移した金額は、14年の水準を40%上回る。同書類は20日にオンライン上で閲覧可能となった。この届け出については蘭紙フィナンシエール・ダフブラットが最初に報じていた。

  アルファベットは従業員のいないこのオランダ子会社を通じて、米国外の利益の大半を移転している。同社は「ダブル・アイリッシュ」や「ダッチ・サンドイッチ」と呼ばれる会計手法の一環として、04年から同子会社を利用。アルファベットの米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、海外利益の大半をバミューダに移転することで、同社は15年の米国外での実効税率を6.4%に下げることができた。

  グーグルの広報担当者は声明で「グーグルは当社が営業している全ての国の税法を順守している」とコメントした。

原題:Google Lowered 2015 Taxes by $3.6 Billion Using ‘Dutch Sandwich’(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE