ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生会長は21日、フィリピンのカジノ市場は近くシンガポールを超える可能性があると述べた。中国との関係改善がより多くの観光客を呼び込むためで、今後展開する24億ドル(約2800億円)規模の同氏のカジノにも追い風となる。

  フィリピンのドゥテルテ大統領は中国との関係改善に動いているほか、麻薬や犯罪対策に取り組んでおり、これで中国人観光客は増えるとの見通しを岡田氏は示した。一方で解禁される日本のカジノ市場への投資については、少子高齢化を理由に慎重な姿勢を示した。

  岡田氏は21日から始まった同氏のリゾート内覧会に先立ち行われたマニラでのインタビューで、カジノ市場は数年以内にフィリピンがシンガポールを上回ると語ったが、具体的な時期には言及しなかった。カジノを中心とする統合型リゾート施 設(IR)整備推進法が施行される日本については、経済成長が非常に安定しているため多くを期待していないとし、少子高齢化もあるため支出する人はさほど多くはないだろうと述べた。

原題:Philippine Casinos Will Soon Surpass Singapore, Okada Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE