21日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下げ渋る展開。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらずとなった。

  ドルの下値からの戻りは対円での安値からの回復が主導したが、午後は原油相場が大幅安となり、対カナダで上昇したことが寄与した。トレーダーによれば両方のケースで出来高は少なく、値動きは通常よりも増幅された可能性がある。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドル・スポット指数は前日比0.1%安の1271.07。ドルは対円で0.3%安の1ドル=117円55銭。対ユーロでのドルは0.4%下落の1ユーロ=1.0424ドル。

  ロンドンやニューヨーク、トロントのトレーダーによると、取引は引き続き低調で、絶対不可欠なヘッジや持ち高調整に限られた。

  ドルの下値からの戻りは限定的だった。一方、スウェーデン・クローナは対ドルで一時1.4%上昇した。スウェーデン中央銀行は政策金利を据え置き、量的緩和(QE)プログラムを6カ月延長した。ただ、数人の当局者が反対票を投じたことはタカ派的に解釈された。

  ドルは対円で117円11銭まで下げた後、117円87銭まで戻し、その後は再び軟調となった。ニューヨークのトレーダーによると、ロンドン市場での値決め前後にドルの需要が強まり、それで短期的な売り持ち筋が逆を付かれた可能性がある。

  別のトレーダーによれば、アジア市場での高値より高い118円10銭をやや上回る水準ではドル売りが控えている。

  ドルが全般に下げた場面で、ユーロドルは一時1.0451ドルまで上昇した。22日に期限を迎える大口のオプション行使価格である1.0500ドル付近ではユーロ売りが控えている可能性がある。

原題:Dollar Erases Drop as JPY Pares Advance, CAD Wilts With Crude(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE