クレディ・スイス・グループは本国での人員削減を加速させる。スイス部門の一部売却を控え、採算性の改善を目指す。事情を知る関係者2人が明らかにした。

  公に話す権限がないとして匿名を希望した関係者によると、クレディ・スイスは来年スイスで約900人を削減する計画。これにより人員削減目標を1年かそれ以上前倒しで達成できる見通しになる。同行は2018年末までに1600人削減する目標を掲げているが、関係者の1人は今年に入りすでに800人が削減されたと述べた。

  チューリヒのクレディ・スイス広報担当はコメントを控えた。

  要求される資本が比較的少なくて済むウェルス・マネジメント事業を優先し、投資銀行事業を縮小させて利益率改善を図るティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)にとって、スイス事業は改革の大きな舞台だ。スイス事業は17年末までに新規株式公開(IPO)を通じて株式の20-30%を売り出し、20億-40億フラン(約2300億-4600億円)の調達を見込んでいる。

原題:Credit Suisse Said Planning About 900 Swiss Job Cuts Next Year(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE