インド株(終了):6日続落、2週間ぶり安値-消費関連が下げ主導

21日のインド株式相場は、年末休暇を控えて薄商いのなか6日続落。消費関連やソフトウエア輸出銘柄の下げが目立ったが、指標のS&P・BSEセンセックスを構成する30銘柄では上昇が15、下落が15ときっ抗した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。