国連の潘基文事務総長は20日、次の韓国大統領選への出馬意欲をこれまでで最も強く示唆した。

  聯合ニュースによると、潘氏(72)はニューヨークで開かれた韓国特派員との懇談会で、国連トップとしての10年に及ぶ経験が祖国の役に立つのであれば、自分をささげる用意があると発言。ただ、12月31日に国連事務総長の任期が満了するまでは明確に回答できないとした。

  聯合によれば、潘氏は韓国政界入りのスケジュールや手順などについては国民に接した上で判断するとし、国民が何を望むかが「特に重要だ」と説明。党派は「重要ではない」とも語った。国連のデュジャリック報道官は記者団に対し、潘氏は韓国に帰国後、友人や家族と相談した上で判断することになると述べた。

原題:UN Chief Ban Signals Willingness to Seek South Korea Presidency(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE