ドル・円が反落、日本下落や米長期金利低下で売り圧力-117円台半ば

更新日時
  • 日本株が下落に転じる中、ドル・円は午後に下げ幅拡大
  • クリスマス休暇前なのでポジション調整出やすい-Cアグリコル銀

21日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が反落。年内の主要イベントを終え、ホリデームードが広がる中、日本株の下落や米長期金利の低下を背景に売り圧力が掛かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。