VW、排気量3000ccでも決着-排ガス不正問題で米当局や所有者と

  • 約8万3000台の修理または買い戻しで車両所有者および米当局と合意
  • 部品を供給していた独ロバート・ボッシュも今回の合意の対象となる

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は排ガス不正をめぐり、排気量3000ccのディーゼルエンジンを搭載したアウディとVW、ポルシェの各モデル、計約8万3000台の修理または買い戻しで米国の車両所有者および米当局と合意に達した。米環境保護局(EPA)によると、VWには約10億ドル(約1180億円)の負担となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。