20日の新興市場では株価が前日までの4営業日続落の流れが止まり、他の世界の金融市場と同様に最近の地政学的ショックからの回復力を示した。通貨では南アフリカ共和国のランドと原油高を受けてロシア・ルーブルの上昇が目立った。

  MSCI新興市場指数は一時0.3%低下したが、ほぼ変わらずで終了。一方、新興市場通貨指数は0.1%下げた。ロシアの駐トルコ大使殺害やテロの可能性が指摘されるドイツでのトラック突入事件は世界の市場にさほど重大な影響を与えておらず、ホリデーシーズンを控えた薄商いの中でリスクオンの取引が再開されている。

  • MSCI新興市場指数は0.1%弱の上昇。中南米の株価指数の大半はほぼ変わらずだった。
  • MSCI新興市場通貨指数は0.1%低下。トルコ・リラは0.1%上昇。同国中央銀行は市場予想に反して主要政策金利を全て据え置いた。
  • 北海ブレント原油価格上昇でロシア・ルーブルが上昇し、南ア・ランドも高い。ブルームバーグが実施したエコノミスト調査によると、トランプ次期米大統領は来年、対ロシア経済制裁を緩和すると過半数が予想。

リサーチ

  • バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチはリポートで、投資適格級資産の投資家にとって2017年の最大の懸念は「政治におけるポピュリズム」と利回り上昇であり、投資不適格級資産投資家にとっての懸念は資産バブルと地政学的紛争だと指摘。  

原題:Emerging Stocks Halt Four-Day Slide as South African Rand Gains(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE