債券投資家はポピュリズムで夜も眠れず、懸念は3倍超に-BofA

  • 投資適格級債券の投資家31%が政治を最大の懸念に指摘、10月は9%
  • 2017年のポピュリスト台頭に備え、投資家はポートフォリオ微調整

米連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げやインフレ上昇は気にしなくていい。現時点で債券投資家が最も気に病んでいるのは政治だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。