英銀ロイズ・バンキング・グループは米バンク・オブ・アメリカ(BofA)が傘下に置くMBNAの英国クレジットカード事業を現金19億ポンド(約2800億円)で買収することで合意した。ロイズは消費者金融事業の拡大を図っている。

  ロイズが20日発表した資料によると、買収により収入は6億5000万ポンド増加する見込みで、ロイズの年間収入を4%押し上げることになるという。買収は来年1-6月(上期)末までに完了する予定で、代金は自前の資金で賄う。

原題:Lloyds Agrees to Buy BofA’s Card Unit for 1.9 Billion Pounds(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE