プラチナムの17%リターン「輝き失う」-米検察、詐欺罪で創業者起訴

この10年余り、ヘッジファンド運用会社プラチナム・パートナーズが報告してきたリターンは業界トップクラスだった。しかしブルックリン(ニューヨーク)の米連邦検察当局は、同社のリターンが虚偽に基づいていたとして、共同創業者らを詐欺罪で摘発した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。