トランプ氏の閣僚人事、阻止は無理でも承認引き延ばしか-上院民主党

  • ティラーソン氏の国務長官、ムニューチン氏の財務長官起用が主標的
  • 指名承認を阻むには民主党議員全員の反対と共和党議員の造反必要

トランプ次期米大統領の閣僚人事について、上院の民主党議員は指名承認の阻止が恐らく不可能であることは分かっているだろう。だが、同党からみて過激と考えられる閣僚候補に対しては、討議時間を引き延ばし、大統領就任式が行われる来年1月20日よりも承認をずっとずれ込ませる計画だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。