第3次補正予算:災害対策や自衛隊経費で6000億円の追加歳出

  • 税収減で1.7兆円の減額補正、赤字国債増発で対応
  • 来年度予算の総額は97兆4500億円、新規国債は34兆3700億円

麻生太郎財務相は20日の閣議後会見で、2016年度第3次補正予算案の概要を発表した。災害対策費や自衛隊関連経費として約6000億円の追加歳出を計上する。財源は建設国債の発行や税外収入の活用、既定経費の削減でまかなう。政府は17年度当初予算案とあわせて、22日の閣議で決定する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。