中国人民元の世界での決済シェアは11月に持ち直した。だが、元安が続いており、回復は恐らく長続きしないと中国ウオッチャーは警鐘を鳴らしている。

  国際銀行間通信協会(SWIFT)が20日公表したデータによれば、11月の人民元の決済シェアは2%と、2年ぶりの低さだった前月の1.67%から上昇した。スタンダードチャータードとビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)は、企業が元の保有を減らそうとして決済に回したことが原因かもしれないと指摘している。

  スタンダードチャータードの為替ストラテジスト、張敬勤氏(香港在勤)は「元安期待が強ければ、企業はそれほど多くの元を持ちたがらない。このため、ビジネスパートナーとは元で決済している可能性がある」と分析。「他社も下落が続く元を長期間受け取りたくないため、これは持続可能ではない。中国は継続的な世界の決済シェア拡大に向けて引き続き元の国際化を進め、元安期待を抑える必要がある」と話す。

  BBVAのエコノミスト、夏楽氏(香港在勤)は「11月の決済シェア回復は中国の輸出入の持ち直しが主因だ」と指摘。「海外の元保有者も処分したがっており、11月に元安が加速し、中国との貿易でこうした保有者が元を使うのを後押しした」とコメントした。

  20日の香港オフショア人民元は現地時間午後5時19分(日本時間同6時19分)現在、0.23%安の1ドル=6.9486元。一方、オンショア人民元はほぼ変わらず。

原題:Yuan Watchers Pessimistic Even as Global Payments Share Rebounds(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE