中国人民銀行(中央銀行)は来年1-3月(第1四半期)から金融システムへのリスクを測るための枠組みに、銀行のバランスシート外で保有されている資産運用商品を加える。人民銀傘下の新聞、金融時報が19日報じた

  同紙が匿名の金融当局者の話を基に報じたところによると、いわゆる理財商品の急拡大は中国経済にリスクをもたらす可能性があり、こうした潜在的な脅威をより総合的に評価するには監督を強化する必要がある。

  この当局者は金融時報のウェブサイトに掲載された質疑応答形式の記事で、「一部の銀行業務にはリスクが潜んでいる」と指摘。理財商品は他のクレジット資産とそれほど変わらず、保証付きの支払いもあり、こうした金融商品を含めるべきだと話した。

  人民銀のリスク評価対象に理財商品が加われば、銀行がリスクを抑え、十分な資本を維持する要件が強調される可能性がある。ブルームバーグ・ニュースは10月、人民銀がマクロプルーデンス評価システムの下で、試験的に理財商品に対する監督を実施していると報じていた。

原題:China Plans to Add Off-Book Wealth Products to Risk Assessment(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE