米配車サービス会社ウーバー・テクノロジーズは中国からの撤退後も依然として驚くほどの損失を記録している。事情に詳しい関係者1人によると、今年1-9月期の損失は22億ドル(約2600億円)を超えた。中国事業を含まない7-9月(第3四半期)も8億ドル余りの損失だった。

  一方で同社の売上高は、世界最大の人口を持つ中国からの撤退でも伸び続けている。非公開情報を理由に匿名で語った同関係者によると、ウーバーは今年1-9月の純売上高が約37億6000万ドルで、今年は55億ドル強に上る見通しだ。

  サンフランシスコに本拠を置く非公開企業のウーバーは、同社の評価額が690億ドルに高まり、書類の上ではゼネラル・モーターズ(GM)とツイッターの時価総額合計を上回るものの、財務状況について沈黙したままだ。

  ウーバーは昨年、少なくとも20億ドルの損失を計上し今年は損失が30億ドル以上に膨らむペースだと言われている。同社の広報担当者はコメントを控えた。
 

原題:Uber Quarterly Loss Said to Exceed $800 Million After China Exit(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE