豪中銀議事録:雇用不確実性と住宅価格上昇への対応、バランスに腐心

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は20日公表した今月の金融政策決定会合(6日開催)議事録で、金利据え置きの判断について、労働市場のモメンタムの「大きな不確実性」と、シドニーやメルボルンで再び上昇している不動産価格とのバランスを図ったと説明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。