米ブラックロック、ETF手数料引き下げ-スマートベータの競争激化

  • スマートベータ型ETF6本の手数料を最大20bp引き下げ
  • ゴールドマンのマルチファクターETFに対抗

世界最大の資産運用会社、米ブラックロックは「スマートベータ型」上場投資信託(ETF)6本の手数料を引き下げる。同市場が成長する中で、投資家争奪戦が激化している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。