イタリア政府は公的債務を最大200億ユーロ(約2兆4400億円)増やす承認を議会に求めることで、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナを含む金融機関を救済する可能性に道を開いた。

  モンテ・パスキのマルコ・モレリ最高経営責任者(CEO)は、株式発行や債務の株式交換を含む50億ユーロの資本増強計画を支援する投資家集めに奔走している。この取り組みが失敗した場合に備え、ジェンティローニ伊首相率いる内閣は国が債券発行を通じ資金注入を行うための下準備を整えた格好だ。

  ジェンティローニ首相はローマで閣議後に記者会見し、公的支援に向けた今回の動きを「予防的」措置と位置付けた。イタリアの公的債務は既に2兆2300億ユーロに上り、対国内総生産(GDP)比で欧州ではギリシャに次ぎ2番目に大きい。イタリアの金融機関の脆弱(ぜいじゃく)性や最近の政治の不安定化を受け、金融市場は神経をとがらせている。

  パドアン経済財務相は、債務増大の影響は「一度限りで一時的」なものと説明し、納税者が資金を負担する措置との批判には「正直に言って当惑している」と述べた。

原題:Italy Paves Way for a $21 Billion Rescue Plan for Ailing Banks(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE