英石油大手BPは、米コスモス・エナジーが西アフリカで保有するガス田の権益の一部を9億1600万ドル(約1100億円)で取得することで合意した。BPは11月にもエジプトでガス田の権益を取得しており、ガス事業の構築を進めている。

  両社の19日の発表によれば、BPはモーリタニア沖の深海にある4鉱区の権益の62%を取得して操業主体となるほか、セネガル沖の2鉱区の権益のうち32.49%を取得する。コスモスはモーリタニア沖の権益の28%、セネガル沖の権益の32.51%を引き続き保有し、探鉱を実施する。

 BPは資料で「今回の合意に伴い、BPは新興の世界規模で低コストのガス田の一つで主導権を握ることとなり、世界のガス市場へのアクセスが有利になる」と説明。これによって、アフリカでの新規液化天然ガス(LNG)拠点の創設に必要な「全ての要素が整う」と述べた。

  BPは、需要拡大を見込みガス事業の拡張を進めている。11月には、イタリアのENIがエジプトで保有するゾフル・ガス田の権益の10%を取得。最近では世界最大規模の発見の一つである同ガス田へのアクセスを得た。BPより規模の大きい競合企業、英・オランダ系ロイヤル・ダッチ・シェルも2月に英BGグループを540億ドルで買収し、ガスとLNG事業での地歩を強化している。

原題:BP Builds Gas Empire With $916 Million Purchase From Kosmos (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE