国際通貨基金(IMF)理事会は19日、ラガルド専務理事を支持することをあらためて表明した。同氏はフランス財務相時代の問題でパリの共和国法院で有罪判決を受けたが、IMF理事会は同氏が現職にとどまることを示唆した。

  同理事会は電子メールでの声明で、「ラガルド氏が職務を引き続き効果的に遂行する能力に全面的な信頼を再確認する」とコメント。「世界経済が直面する難題に取り組むため、今後も同氏と働くことを期待している」と表明した。

  ラガルド氏はその後米ワシントンで記者団に対し、今回の判決について上訴しない意向を明らかにし、IMFでの職務を続けることを待望していると語った。「私は上訴しないことに納得しており、全ての意識や時間、努力、エネルギーと熱意をIMF専務理事としての使命に注力するつもりだ」と述べた。

原題:IMF Board Backs Lagarde Following Conviction for Negligence (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE