ソフトバンクグループは19日、衛星通信事業を手掛ける米ベンチャーのワンウェブに10億ドル(約1170億円)を出資することを明らかにした。ソフトバンクの孫正義社長は今月、トランプ次期米大統領と会談した際、米国に投資して5万人の雇用を創出すると約束していた。今回のワンウェブへの投資では約3000人の雇用創出が見込まれる。

  共同発表資料によれば、ワンウェブは既存株主とソフトバンクから合わせて12億ドルを調達する。調達資金は低軌道小型衛星の開発と、フロリダ州の衛星製造工場の建設に充てられる。今後4年間に技術・製造・関連支援業務で約3000人の新規雇用が創出される見込み。

  孫社長は同発表資料で、トランプ次期米大統領と今月初めに会い、米国に投資し雇用を創出するというコミットメントを伝えたが、今回の投資はその第一歩だと説明した。

  ワンウェブの創業者、グレッグ・ワイラー氏は世界の貧困・低開発地域へのインターネットアクセス提供を目指している。

原題:First SoftBank U.S. Investment After Trump Talk Spurs 3,000 Jobs(抜粋)

トランプ氏(左)と孫正義氏(12月6日、ニューヨーク)
トランプ氏(左)と孫正義氏(12月6日、ニューヨーク)
Photographer: Andrew Harnik/AP Photo
最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE