ドイツ銀行は住宅ローン担保証券の販売で投資家をミスリードしたとされる問題で米司法省と早ければ21日にも合意に至る可能性があると、ロイター通信が事情に詳しい関係者の話として報じた。

  ロイターによると、ドイツ銀の支払額は司法省が当初求めた140億ドル(約1兆6400億円)よりはるかに少額となる見込み。合意はまだ確定しておらず、遅れる可能性もあるという。

  ドイツ銀の広報担当者はブルームバーグ・ニュースの取材に対し報道についてコメントを控えた。

原題:Deutsche Bank DOJ Settlement Could Come This Week, Reuters Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE