ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントはイタリアでオンデマンド動画サービスを手掛けるチリの少数株を取得した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  取引が非公開であることを理由に匿名で発言した関係者によれば、ソニーはミラノに本社を置くチリの株式5%前後を約300万ユーロ(約3億6720万円)で取得した。ハリウッドの幾つかの大手映画製作会社も出資するチリは、アップルの「iTunes(アイチューンズ)」に対抗するサービスを目指している。関係者の1人によれば、チリの企業価値は約6500万ユーロで、今年の売上高は約1000万ユーロとなる見通し。

  チリの担当者はコメントを控えた。ソニーにコメントを求めたものの、営業時間外のため回答を得られていない。

  チリのウェブサイトによれば、同社はイタリアでの成功を手掛かりに、英国やポーランド、ドイツ、オーストリアにも事業を拡大。パラマウント・ピクチャーズとバイアコム、ワーナー・ブラザース・エンターテインメントは、2012年設立のチリの株式14%前後を保有している。

原題:Sony Said to Invest in Chili, Italian Rival to Apple’s ITunes(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE