ロシアのサイバー攻撃に関する上院特別委設置を-米議員4人が要請

  • マケイン議員らはロシアのサイバー攻撃に対する現政権の対応を批判
  • 次期政権のプリーバス首席補佐官:情報機関の見解はまだ一致せず

ジョン・マケイン氏ら4人の米上院議員が米大統領選挙へのロシアの介入の可能性を議会が調査するよう求めた。ただ、トランプ次期大統領の首席補佐官は、ロシア政府の役割に関して各情報機関の見解が一致していないと説明している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。