週末の北米映画興行収入ランキングで、米ウォルト・ディズニーのSF映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」が初登場首位となった。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
Source: Lucasfilm Ltd.

  調査会社コムスコアが電子メールで18日配布した資料によれば、「スターウォーズ」シリーズのスピンオフ作品である「ローグ・ワン」の興行収入は1億5500万ドル(約182億円)と、12月の公開作品としては過去2番目の好成績。トップは昨年の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で、封切り直後の週末に2億4800万ドルを稼いだ。

  2012年にルーカスフィルムを40億ドルで買収したディズニーにとって、この作品は「スター・ウォーズ」シリーズをジョージ・ルーカス氏が製作総指揮した3部作を超える物語にすることができるかどうかの試金石となる。同社はマーベル・エンターテインメントのスーパーヒーロー物で成功したのと同様の戦略を用い、新たな映画に盛り込めるキャラクターやストーリー性を生み出している。同社にとっては少なくともあと4本の「スター・ウォーズ」シリーズ作品に観客を呼び込み続けることが課題となる。

  コムスコアのシニアメディアアナリスト、ポール・ダーガラベディアン氏は「ピクサーやマーベル、ルーカスフィルムなどのブランドを抱えるディズニーは良質の映画を製作しており、ファンが明確にそれを分かっていることを数字が示している」と述べた。

  ディズニーの発表資料によると、「ローグ・ワン」の興行収入は世界全体で2億9050万ドル。今後は28日に韓国で、来年1月6日には中国で公開が予定されている。

  同社は封切り直後の週末の北米興行収入が計1億4000万-1億5000万ドル、それ以外の市場では1億3000万-1億5000万ドルと見込んでいた。
   
  ディズニーは「フォースの覚醒」の続編となる「スター・ウォーズ/エピソード8」(仮題)を17年12月に、若き日のハン・ソロを描いた別のスピンオフ作品を18年5月にそれぞれ公開する予定。

原題:Disney’s ‘Rogue One’ Surges With $155 Million Weekend Haul (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE