中国は投機を「厳しく」抑制し、行き過ぎた企業の借り入れを抑える取り組みを強化することで、今年拡大した不動産バブルを沈静化させる必要がある。共産党と政府が2017年の経済政策を協議する中央経済工作会議が前日閉幕したことを受けて、党の経済担当幹部が17日に指摘した。

  党中央財経領導小組の楊偉民弁公室副主任は北京でのフォーラムで、「われわれは金融リスクの防止と抑制により優先的に取り組まなければならない。数多くのリスクを取り除き、資産バブルを抑制し、システミック金融リスクが生じないよう確実を期す監督改善に努める必要がある」と述べた。

  3日間の中央経済工作会議後に発表された声明は、着実な成長を持続させるために慎重かつ中立的な金融政策を来年計画していると表明し、資産バブルを防ぐための金融リスクの防止と抑制が優先課題になるとしていた。

原題:China Must Curb Speculation Amid Bubble, Top Official Says (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE