ドイツの保険会社アリアンツと三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、米当局からフランス電力(EDF)の傘下部門がオクラホマ州で建設中の風力発電プロジェクト(合計出力225メガワット)にタックス・エクイティ投資を行う許可を条件付きで獲得した。

  合意に基づき、アリアンツとMUFG両社の傘下部門は「グレート・ウエスタン」風力発電プロジェクトの業務執行を伴わない「クラスA」権益を取得すると、米連邦エネルギー規制委員会(FERC)が16日明らかにした。投資規模は「1000万ドル(約11億8000万円)超」で、他の匿名の投資家が参加する可能性もあるという。詳細条件は開示されていない。

原題:Allianz, MUFG Get Approval for Investment in EDF Oklahoma Wind(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE