在日米軍が沖縄県の伊江島補助飛行場に駐機しているオスプレイを19日にも宜野湾市の普天間飛行場へ飛行させることが分かった、と17日付の毎日新聞朝刊が日本政府関係者の話を基に報じた。日本政府側は飛行を了承したという。

  同紙によると、普天間飛行場への移動は整備点検目的とみられる。米軍側は当初16日の飛行を計画したが、日本側は難色を示し、週明けに遅らせることになったという。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE