米国防総省は16日、中国が15日に南シナ海の公海で米海軍海洋調査船の無人潜水機を「違法に奪取した」とし、中国側に潜水機の即時返還を要求したことを明らかにした。中国政府は同海域のコントロール強化を推し進めており、今回の問題によって対立が激化するのは避けられそうにない。

  同省の声明によると、潜水機が奪われたのはフィリピンのスービック湾の北西50カイリ(約93キロ)。通常の業務に当たっていた米海洋調査船が潜水機を引き揚げようとしていたところ、中国が「違法に奪取した」と説明している。

  中国の動機は今のところ明らかではないが、一部の専門家はトランプ次期米大統領による中国批判に対応した行動である可能性があるとの見方を示している。米戦略国際問題研究所(CSIS)のアジア担当上級アドバイザーのボニー・グレ イザー氏は「私の見解では、あからさまな行為であり、非常に対立的だ。挑発という意味では若干エスカレートした」と語った。

  国防総省のクック報道官は声明で「われわれは中国に対し潜水機の即時返還と、国際法の下でのあらゆる義務の順守を要求する」と指摘した。潜水機は塩分濃度や水温などの情報を収集するシステムを備えているが、機密情報とは関係ないという。同報道官によると、米側は潜水機を奪った中国海軍の艦船に無線で返還を求めたが、無視されたという。

  今回の問題は、南シナ海での領有権をめぐって緊張している対中関係の新たな注目点となる。トランプ次期大統領は台湾総統との電話会談や「一つの中国」政策への疑義表明によって中国政府の反発を招いている。

  米上院軍事委員会のマケイン委員長(共和)は「海洋の自由のはなはだしい侵害だ」との声明を発表した。 

原題:Pentagon Demands China Return an Intercepted U.S. Naval Drone(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE