16日のニューヨーク外国為替市場ではドルが小幅に下落。週間ベースでの上げ幅を縮小した。米国と中国の間に新たな緊張の兆しが出てきたことや、週末の利益確定の動きでドル上昇の勢いが失速した。トレーダーらによれば、この日はリスク回避の動きが優勢で、年末を控えて薄商いになる中、こうした動きは来週も続く可能性が高い。

  米10年債利回りが日中の高水準から下げる中、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は低下。トレーダーらは中国が南シナ海で米潜水無人機(ドローン)を接収したとのニュースに反応した。このニュースを受けてオフショア人民元は最安値を更新したが、トレーダーらは流動性の低下を指摘した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%未満下げて1268.87。ドルは対円で0.2%安の1ドル=117円93銭。対ユーロでは0.4%下落の1ユーロ=1.0451ドル。

  ユーロは対ドルで4日ぶりの上昇。中国のニュースに反応し、一時は1.0474ドルをつける場面もあった。ドル・円は118円45銭より上に設定された売り注文で上値が抑えられたと、トレーダーらは話した。

  米商務省が発表した11月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換算、以下同じ)は前月比18.7%減の109万戸。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は123万戸だった。前月は134万戸(速報値132万戸)に上方修正され、伸び率は1982年7月以来で最大の27.4%となった。

  
原題:Dollar Slips on Profit-Taking, China Seizure of U.S. Submersible(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE