NY原油(16日):反発、ドル上昇一服で減産実施に焦点シフト

16日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が3日ぶりに上昇。ドル高が失速し、市場の関心は産油国の減産実施に戻った。ゴールドマン・サックス・グループは2017年4-6月(第2四半期)の原油価格予想を引き上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。